2014年02月03日

見えない世界 2


「なぜ入信してしまうか」「何を根拠に信じるのか」

ちょっと考えてみましたが、根拠なんて重要ではないかもしれません。



私自身は二世でしたので、「入信」は経験しておりませんが、

当時を振り返ってみると・・・


コロッと「入信」に至る人たちは、本当に瞬殺でした、

特に高齢の女性の割合が多かった気がします、

 ・もともと霊的奇跡を信じている
 ・神仏の存在を信じている
 ・助けてもらいたい
 ・何かしら信仰を持ったほうが良い etc

そうでなければ、宗教組織へは足を運びませんね。

あとはチョットした奇跡!?などで背中を押されたら入信ですね。



珍しいパターンですと、

もともと神なんて信じていなかったが、

「霊が見える、感じる」ようになったのが入信のきっかけ、

という高齢の男性がおりました。

この男性の場合は、

「幻覚」「妄想」が簡単に見えてしまうことを先に知っていたら、

入信は避けられたかもしれませんね。


人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング


posted by カミサマ at 21:08| Comment(2) | 見えてる世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

見えない世界 1


信者の立場からみると・・・。

「2012年の危機」は、「神の裁き」などに置き換えれば、

妄想家たちの煽る世界に違いがあるにせよ、

「宗教」そのまんまですね。



基本的に神仏の”存在だけ”を信じるなら、

たとえ盲信しても、特に問題はおきません。


問題になるのは、そこから湧いてくる宗教の世界、

あーしなさい、こーしなさい、予言、などですね。

「〇〇しなければならない」、とか・・・。



また、「神の言葉」、「人の言葉」、「預言」、「予言」、

「伝説」、「霊能者」、「信頼できる人」、・・・etc

どこから湧いてきても、盲信する内容が同じなら

端から見るかぎりは、どれもほぼ同じですね。

「〇〇に背くと日本は滅ぶ」、「2012年に〇〇が起きる」、などなど。



いずれにせよ、信者からすれば

何かしら信じるだけの「根拠」を見い出しているのでしょうが、

それは一体・・・何なんでしょう??

人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
posted by カミサマ at 22:12| Comment(2) | 見えてる世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

見えてる世界 6


2012年人類滅亡だとか、アセンションだとか、

扇動していた妄想家の皆様はどこへやら。



自称神様、預言者、チャネリング、宇宙人、陰謀、プレアデス、etc

情報源、アクセス先に違いがあるにせよ、

「2012年」に「スゴイ事」が「おきる or おきうる」と、

全くの別人!?たちが、似たような内容を見い出していたわけですね。

なぜアクセス先が異なるのに同じ事象???



しかし、細部はチョイチョイ異なってました。

地球がなくなる、隕石、楽園、宇宙人がくる、・・・

なぜ微妙に違う???



またその現象のとらえ方もそれぞれ異なっていたかと思います。

例えば、人類滅亡とみるか、アセンションとみるか、警告とみるか・・・

なぜ捉え方が違う???




2014年現在、上記の妄想家の方々は撃沈してしまいましたが、

真偽の見極め、本物探し、・・・、そんなことも無駄だったわけです。

とりあえず、2012年に何かを見い出していた能力者たちは・・・

「全て妄想だった」 で、片付けましょう。

そうすれば、わざわざ「低級霊に支配されていました」、etc

さらなる妄想の上塗りは必要なくなりますね。



ついでに、、何かしらを見い出していた妄想家のパターン、

 a.絶対に何かおきる。

 b.何か起きる可能性がある、起きてもおかしくない。

 c.人類!?への警告として扱っていた。

 d.(質問されても)どっちつかず、ノーコメントを貫いた。

 e.わかりません or 何も起きないだろう


一見、a ← b ← c ← d、この順に妄想のレベルが上がるように思えますが、

見い出した未来!?に差があるだけで、妄想のレベルは区別できません。


くせ者は「 d 」です、 尋ねられても触れない。

占いや霊能者はこのパターンでしょうか?、

当てられないけど、外しもしない、わからないとも言えない。


妄想壁のない方なら、2012年問題は「 e 」として接していたかと思います、




そして今現在は、

扇動していた側も、信じていた側も、

「何もおきなかった」事に対する本能的なガッカリ感を回避するために、

「何も起きなくて良かった」「最悪の事態は免れた」「滅亡は避けられた」・・・etc

そんなところに落とし込んで一件落着とか、妄想の上塗りとか。



ワザワザ「無い」ものを「有る」と見い出しおきながら・・・。


妄想だったと自覚できた方はいるのでしょうか? 気になりますね。


人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
posted by カミサマ at 20:38| Comment(0) | 見えてる世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

見えてる世界 5


「見える」に限らず、

「憑かれる」も似たようなとこがありますね、


例えば、よくない事があったときに、「憑かれた」と考える。

天災を祟り神のせいにするのも同じですが、

とりあえず、そのように考えてしまう。


「憑く」という概念が無い環境では、そう考えることも無ければ、

「憑かれる」ことも無いかと思います、

単に「疲れた」と思っておしまい。



言葉遊びが好きな霊能者なら、

「疲れた」と「憑かれた」、

「(運が)ついてる」のは、「(いいモノが)憑いてる」から、

「祈る」は「神の意に乗る」、

「蛇(へび)」が憑くと「ヘビー(重い)」、

こんなネタで、もっともらしい話を披露してくれますが、

カルト教団が「除霊」しても、信じる者は良くなる世界です。



私がいたトコでも「除霊」や「お祓い」を目的に訪れる一般の方々がおりましたが、

よくなって入信・・・、これが定番のパターンですね。


人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
posted by カミサマ at 20:41| Comment(0) | 見えてる世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

見えてる世界 4


信じてる世界が見える・・・、

見えるのは善側だけでなく、悪側もセットでした。

地縛霊、怨念、死神、悪霊、サタン、吸血鬼、宇宙人、〇〇星人・・・

とりあえず、信じていれば何でもござれ。



〇〇神社は邪神、△△は呪われている、そこで死亡事故があった、と言われれば、

そこに悪い感じを見い出すのなんて朝飯前。



その一方で、教義的に奇跡などの超常現象は肯定していても、

霊的存在は否定している組織の信者では基本的に「見えない」そうです。

もし「見えた」なら、異常(病気、精神疾患)だと、

これは、知人の仏教系の盲信者から以前聞いた話です。



他にもこんなパターンがありました(私の周りで実際にあった)、

  神、霊なんて信じてなかったけど、突然(頭の中に)何者かが降りてきた。
   ↓
  降りてきてからは、神 or 守護霊 or 〇〇星人だと信じている。
   ↓
  霊的存在を信じるだけの土台が、既にあった。
  その体験を根拠に信じるようになった。




もし「見えた」なら、霊能者の元 or 精神病院、どちらにいきますか?

神社に初詣に行ったときに「神!?」が降りてきたら、異常かな?、と疑えますか?


人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
posted by カミサマ at 19:37| Comment(0) | 見えてる世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。